2017年02月01日

あなたに足りないものは、配慮かもしれない。

提唱している本人の私を含めた《お耽ビッチ》には、『挑発的で強い』というイメージが先行しているが、最も大切にしているものが《慎み深さ》であることは揺るぎない。
それは対極をなす性質と感じられるかもしれないが、『肌を見せても上品、隠しても色っぽい』という定義は慎み深さに付随する《奥ゆかしさ》を体現している。

元より私自身が活発な人間ではないし、品行と性的慣行に対しては頭が固い。それでも年齢性別にかかわらず慕われ『色っぽい』と言われるのは、見る者の感覚を活気づけ、情緒的感動を呼び起こす教養を身につけている為である。

『色気がないからセクシーなお洋服は似合わない』というご相談を受けることがありますが、お耽ビッチの定義に基づくと色気とは教養です。
教養が伴わなければ容姿を磨いても意味がありません。美は一日にしてならずという言葉がありますが、教養も同じくです。まずは自分と向き合うことが大切です。』

私は以前、Twitterでこのようなツイートを書き留めた。

『教養の有無は意識せずとも、立ち振る舞いや所作、言葉遣いなどに自然に表れてしまうものです。
言葉遣いが乱暴(汚いとは異なります)でも品格を失わない人や、奇抜な容姿や強気な姿勢でも自己顕示欲を感じさせない人=ビッチがいます。それは培ってきたものを自分流に使いこなしている上級者です。』

続いてこちらの補足を加えたところ、心理学や社会学を扱う人達や戦争を経験したお歳の方など、ファッションや美容に関心を持つ層以外のアカウントにまで幅広くリーチしたらしい。
その理由はおそらく、冒頭で述べた慎しみ深さ、奥ゆかしさというものが《日本人の根底にある美徳》に触れたからではないだろうか。

本当の意味での慎しみとは、遠慮ではなく配慮。自己肯定が出来る上で成り立つものである。

『華麗でありながら淑やか』この相反して見える表裏一体の佇まいこそ、私が追求する《唯一の美》
世に溢れかえる多様な美の価値観との区別であり、確信を持ってNUDE N' RUDEを介し伝導していくべきスタイル。


image.jpg

画像は奈良へ帰省した際の一枚。観光の喧騒から離れた、浮見堂で。

日常のささやかな写真はインスタグラムで更新中。



最後に。

浸透に手ごたえを感じている中、「“お耽ビッチ”以外に良い名前はなかったのか」「それだけが受け入れ難い」というネーミングセンスに対する批判も今だに見かける。
しかし仮にかっこいい横文字ともなれば、それは逆に恥ずかしいものへと成り下がるのである。“キメどころ”はそこではないことは、ここまで読み進めた方にはお分かりだろう。
また、《お耽ビッチ》を超える適切な表現と破壊力のある言葉は現在ないに等しい。

image-f6846.jpg
画像はトップを走り続ける重圧を飼いならすついでに、指でドラゴンも飼いならしてみた最近の私。


株式会社BLACK LADY 代表取締役
NUDE N' RUDE オーナー /デザイナー
本音璃里亜
posted by 本音 璃里亜 at 08:06 | TrackBack(0) | 理念 / 思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月31日

【丸わかり】お耽ビッチとは何なのか?

歴史を紐解く回、といっては大袈裟かもしれませんが…

これまでオフィシャルツイッター上で簡単にしか説明されておりませんでした、我々が提唱する『お耽ビッチ』というスタイルについて明確にお話しさせていただきます。

まず始めに、『お耽ビッチ』とはどのようなスタイルであるものかをお伝えいたします。

❝麗しいが耽美過ぎず、挑発的な色気を持ち、自身の意思の強さを感じさせるもの❞
それが核となれば型には一切拘りません。味付けは自分次第(貴方次第)なのです。


今回はよく勘違いされがちな点を二つ取り上げて解説していきます。

ひとつめに、前述のとおりフェティッシュ寄りで露出が高いゴシックスタイルを表したものではございません。前提として掲げておりますものは下記の条件を満たしていることです。
❝肌を隠しても色っぽい。露出をしても上品。❞

ふたつめに、耽美+淫靡=オタンビッチとはメディアの表現であり、私どもの説明ではございません。
正しい表記は『お耽ビッチ』です。


『ビッチ』というと日本では性的奔放を表す言葉として認識されておりますが、本来は性格などを表します。
この言葉自体は主に悪い意味を込めた罵倒語として使用されるものです。

しかしここでの引用は『良い意味で悪女、品格を持ち自己承認が出来る女性』としての意味を持ちます。
すなわち、お耽ビッチとは皮肉を込めた自称。自虐的なギャグです。
❝冗談を交わせる位の、心の余裕を持つこと❞

IMG_8252.JPG
※こちらの画像はマドンナ様の『ビッチ』に対する価値観を表したものを拝借しました。


『お耽ビッチ』という語感には何も知らない状態ですと戸惑い、最初は嫌悪される方もいらっしゃいます。
この馬鹿っぽい語呂の良さがポイントですので、クスッと笑っていただくことが正解です。


【お耽ビッチ誕生エピソード】
様々なジャンルを吸収し独自のスタイルを築き上げた我々のスタイルについて、どこにも属さないことから「これは何系なんですか?」といった質問を常日頃から多く寄せられておりました。
そのようなカテゴリー分けは不必要という佇まいでしたが、「特にない」と応えるのもつまらく思い、我々に相応しい名称を新たに作ろうという流れに。
そこでスタッフ同士で案を出し合い、頭を悩ませていましたところ、ボソッと投げやりに「お耽ビッチ…」と言う声が聞こえて大爆笑。「それだ!」とその場で決定に至りました。NUDE N' RUDEのコンセプトは『明るい絶望』ですからね。

それは2015年2月頃の出来事です。
「突然何を言い始めたんだ?」と困惑されたお客様も多くいらっしゃったかと存じます。


このキーワードを『ゴスロリ』などと同じようにひとつのジャンルとして世界に確立させたいという想いを抱きながら定着を試みておりましたところ、魔界出身アイドルとしてご活躍されていらっしゃる椎名ひかりさんとのご縁から一年後にはテレビで放送され、沢山のご反応をいただきました。
IMG_2360.JPG
IMG_2387.JPG

IMG_2398.JPG




洗練を求めて辿り着いたこのスタイルを、時間をかけてお客様や初見の方にも受け入れていただき、まだ少しずつではございますが近頃ではようやく浸透してきましたように感じる次第です。

sukidesuka.jpg




来年春頃には、お耽ビッチスタイルに特化した新たなオリジナルブランドを始動する予定です。

NUDE N' RUDEを立ち上げて今年で早八年、私もこの夏には28歳を迎えます。
これからも皆様と共に成長し、歳を重ねるごとに美しく妖艶さが増す女性であり続けるよう努めて参りたいと存じます。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

IMG_7192.PNG

代表 本音 璃里亜


こちらのブログはPC版ですと広告がなく、スマホ版よりも見やすくてお勧めです。

私個人のインスタグラムアカウントはこちらです。どうぞご笑納ください。
https://www.instagram.com/riria.nude_n_rude/


***************************************************************
NUDE N' RUDE
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-3-2 不二ビル2F
営業時間 12:00〜20:00 (不定休)

TEL&FAX: 03-6455-1918 (12:00〜20:00)
E-mail: info@nudenrude-store.jp

Web site: http://www.nude-n-rude.jp
Twitter: @NUDE_N_RUDE
Instagram: @nude_n_rude

posted by 本音 璃里亜 at 11:34 | TrackBack(0) | 理念 / 思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

現在のヌーデンがお嫌いですか?


NUDE N' RUDEは創業から五年、店舗の開店当初と比べて内装や商品も少しずつ変化してきました。
中でも一番大きな変化は、やはり昨年の7月に本店が高円寺から現在の渋谷へ移転したことです。

その店舗移転から早くも半年が経過しましたが、現在のNUDE N' RUDEにあまり馴染めないお客様もいらっしゃるように見えます。何故かと申しますと「雰囲気が落ち着いてしまった」「今も嫌いではないが以前の方が好き」といった様なご意見をいただくことがあるからです。

様々な変化に応じてお客様の層が移り変わることは必然です。しかし開店当初から変化を受け入れて支え続けてくださっている方や、共に変化を遂げていらっしゃる方のご意見だけではなく、その様に少し戸惑いを抱かれているお客様の疑問にもしっかりとお答えしていきたいと思いました。
今回はその点につきまして、こちらのブログを通して少しお話させていただきますね




まず、背景として経営の体制が変わったことが店舗移転の理由の一つにあります。

以前は私以外にもう一人の経営者がおりましたが、その人物が昨年の4月をもちまして退職となりました。
突然のことでそれに対しての様々な対応準備が整っておりませんでした為、実は事業の継続危機に面しました。

しかし私はNUDE N' RUDEを継続させることしか頭にありませんでしたので、一からまた始めるつもりで店舗を渋谷に移転させる決意をいたしました。その後二ヶ月間は、新店舗の開店に向けて尋常ではないスピードで一人で全ての移転準備を行い、無事にリニューアルオープンを果たしました。
そんなことから新店舗の開店日は朝まで自分で内装も手がけておりました為、当日の営業はスタッフに任せて私は裏で登山の頂上で息絶えたかの様な状態で夕方まで眠っておりました。オープン時に不在の理由です(笑)


その様な個人的な背景は特に発表するようなことでもありませんでしたから、「全く別のエリアに突然の移転」として捉えられていたことでしょう。何故に渋谷を選んだのかという理由につきましては、また別の機会に記述いたします。



次に、世界観の表現や商品の変化についてです。

核となるものは何も変わっておりませんことを確信しております。しかし私自身もNUDE N' RUDEと共にある程度の年齢や経験を重ねてきたことにより、美意識のあり方に変化がありました。


長年に渡り退廃美を追求している内に、表面的な“グロテスク”よりも内に潜む(秘めている)目には見えない醜さに魅力があると感じるようになったのです。
これまでは露骨に過激な表現が多く、そのイメージを強く持たれている為に現在の雰囲気が少々物足りないように感じられているのかもしれません。

しかし私がこれから新たに表現していきたいと考える退廃美は、例えるならば“美しい夜の海に対して抱く得体の知れない恐怖”です。今後はより一層、精神的にも成熟した「明るい絶望」をご提供させていただきたく存じます。


sea-night-moonlit-lane.jpg

皆様、今後とも変わらぬお引き立ての程何卒よろしくお願い申し上げます。

代表 本音 璃里亜



IMG_1839.JPG
画像: 私は長年原色の赤髪でしたが、最近は髪をワインがかったディープパープルに染めました。
※愛用のチョーカーはMERRYhoppingZooのものです。



posted by 本音 璃里亜 at 09:00 | TrackBack(0) | 理念 / 思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

センスの欠落と要因


自分が本当に素敵だと思うお洋服やアクセサリー

それは実際に身につけることで初めて豊かな気持ちを知ることが出来ます。

豊かさを知ることで自分のセンスも磨かれていくものです。

何かしら理由をつけて我慢したり別のもので代用しようとしている内は

それと引き換えで気付かない内に感性も鈍っていきます。


NUDE N' RUDE代表 本音 璃里亜




写真.JPG

画像: オリジナルのシャンデリアタイツ着用時スタイル




****************************************************************
NUDE N' RUDE
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-3-2 不二ビル2F
営業時間 12:00〜20:00 (不定休)

TEL&FAX: 03-6455-1918 (12:00〜20:00)
E-mail: info@nude-n-rude.jp

Web site: http://www.nude-n-rude.jp
Twitter: @NUDE_N_RUDE


posted by 本音 璃里亜 at 21:16 | TrackBack(0) | 理念 / 思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個性の凡庸化


最近は個性の凡庸化が見られるようになりましたね。

人と違って見られたいと思うこと自体が普通であり、
その様な姿勢から成るものはその意図が必ず滲み出てしまいかえって陳腐に見えます。

純粋に自分がやりたいことを貫ける強さが個性ではないでしょうか。

マイノリティーであるか否かは後に付随することです。


NUDE N' RUDE 代表 本音 璃里亜



sui4_b.jpg

画像: Fashion art session “Mermen”より



****************************************************************
NUDE N' RUDE
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-3-2 不二ビル2F
営業時間 12:00〜20:00 (不定休)

TEL&FAX: 03-6455-1918 (12:00〜20:00)
E-mail: info@nude-n-rude.jp

Web site: http://www.nude-n-rude.jp
Twitter: @NUDE_N_RUDE
posted by 本音 璃里亜 at 19:56 | TrackBack(0) | 理念 / 思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする